秋風と共に・・・

  • 2012/10/21(日) 23:12:44

【おてきち見聞録を ご愛読下さっている皆さまへ】

今日も おてきち見聞録をご覧いただきありがとうございます。

実は前から考えていたことなのですが。。。おてきち見聞録を閉鎖することとなりました。

暮らしの中で見聞きした、面白いモノや楽しいことを書き留めてきた おてきち見聞録ですが
それらのことは本当に限りなく多く、色々なことを見聞きするために必要な時間が
少々足りなくなって来て、大切なブログの更新の時間までもが
疎かになってしまい、皆さんにもご心配をお掛けしております・・・。

とは言え、今まで書き留めてきた見聞録を削除するのは惜しい!!
というお声もいただいたりして、大変、嬉しい思いもあったりするので
このブログは、このまま残しておくことと致します。

皆さんもご存知のように、おてきちは気ままな性分ですので。。。
もしかしたら ある日突然、新しい見聞録を書き始めるカモ知れません。
その時は、このおてきち見聞録をご愛読下さり、おてきちに親しく接して下さっている
皆さまにもお知らせ致します。
短い間ではありましたが、共に楽しい時間を過ごせたことに感謝を申し上げます!!

それでは、また逢う日まで

絶好のおやつ?

  • 2012/10/10(水) 22:22:17

この季節に山歩きをすると、春に花の咲いた場所を確認しておけば
そこに今頃は、こぉ〜んなにデッカイ 「あけび」 の実がなっているはず
あけびは、国内だと山形県が産地のようですが。。。
昔は山遊びなどをする子供たちの、絶好のおやつだったそうですね
それにしても、最初に食べた人は、ある意味で勇気アルで賞!!だじょ 

        

中央に包まれるようにして登場したグロイ種子は、もちろん食べられませんが。。。
種子を包む白いゼリー状の部分に、甘みがあってフルーティーだそうです。
皮は ほろ苦さがあるようですが、きんぴらや味噌炒めにしたりして
山菜料理としても登場する、メニューだそうだじょ
キウイフルーツと混ぜて置いといたら、切ってみてビックリだろうなぁ〜 

        

実りの秋!!炊き込みご飯に土瓶蒸し・・・。
そんな危ない 【あけびのフルコース】 なぁ〜んて考えてチャレンジするのも
かなり探究心をくすぐりますよねぇ〜 
そして料理の締めには、あけびムース!!
どこからくるのか、この発想・・・。自分でも怖いじょ

ご苦労さま!!

  • 2012/10/09(火) 09:09:44

雨上がりの富士山の姿を描いたと言われる、殺生石山の見送り幕は
小倉遊亀画伯が描かれた 【霽れゆく】 です。
本祭の朝、中央小学校前にて所望が終わった後に見た後ろ姿です。
まさに、昨夜の雨が上がった翌朝に見る清々しい富士山の姿に
暫し見惚れながら、本日は昼食会場にてのお手伝いです

        

なので、中央小学校前を山鉾 13基が通り過ぎないことには、お弁当が届かないので
それまでの間、近くを散策してみたら。。。
こんな大津絵展も開催されていましたよ
中を覗いている時間まではなかったので、とにかく今年のところは要チェック!!
曳山がある町内ごとに、様々な展示がされているので本当は全て写真に収めたい

        

そして見て下さいよ〜!!
コレ素敵だじょ〜欲しいですぅ〜
お世話なった狸山を発見!!屋根の上に狸が乗っているので、すぐに分かります。
確か、昔に配られていたものだと聞いたような。。。
また、このお皿についての詳しい情報を集めておきますね

        

アップしてもOKと気持ちよく了承を得てあるので、載せます
本祭の昼食会場の、お手伝いをして頂きました龍谷大学のメンバーです。
350食はあるお弁当やビール、お茶などを、テキパキと身軽に準備や
片付けをして頂く姿を見ながら、やはり若い力ってスゴイ・・・。
久しぶりに爽やかな感動と元気を貰いましたね〜・・・。
おてきちも、君たちに負けずにガンバルじょ

        

1年前に書いた大津祭のブログです・・・。
懐かしいやら、昨日のことのようにも思えなくもない大切な思い出ですが
お時間が許すようでしたら、どうぞご覧になって下さいませ

こちらが2011年の宵宮ブログ
http://minomushidou.dtiblog.com/blog-date-20111010.html

そしてこちらが2011年の本祭ブログ
http://minomushidou.dtiblog.com/blog-date-20111011.html

町家鑑賞の壺

  • 2012/10/08(月) 21:06:39

大津百町とは、江戸元禄時代に大津の町割が 100町もあって
その繁栄ぶりを称する言葉だそうですね
また、大津の地名は、平安時代より都への物資などを中継する港としても
重要視されていたらしく、豊臣政権下に大津城が築かれた天正14年頃に(1586年)
今のような市外地が形成されていったようです・・・。
その後は、関ヶ原合戦で城下町としての役割を終えると、城は膳所へと移されて
大津は、徳川政権下へと変わり、城下町から商業都市へと変貌していったそうだじょ
宿場町に港町、三井寺の門前町として発展していった大津百町は
今で言う複合都市として、当時は栄えていたのでしょうね 

        

そんな大津百町には、国登録有形文化財として保存されている町家が何軒かあって
その中のひとつ、鍛冶屋町 (狸山) にある 【小川家住宅】 で
宵宮の日は、長柄衆の法被を着て、狸の面と一緒にお留守番をさせて頂きました 

        

江戸末期に建てられたものだそうで、およそ140年ほど前って事ですよね?
木造2階建てで、間口は狭く2間半なのに対して、奥行きが長いのにはビックリ!!
玄関先は、当時の祭りの生活文化を組み込んだ改造がなされていて
その手法としては、屋根を高さ方向に増築した趣向を凝らした建造物だそうです。

また、奥にある坪庭の後ろには、3階建ての同じく江戸末期に建てられた
土蔵があって、町家の土蔵は ハレの支度や祭の設えの保管場所としては
欠かせない建物のようですね・・・。
じっくり見られませんでしたが、小さいながらも蔵の存在感としてのオーラを放つ
細やかな意匠を凝らした、時代モノの土蔵でしたよ

        

今の時代、多くの市町村が合併をする中で、大津百町では 旧の町名の表示板を
少しずつ復活させていっているそうなんです!!
昔は ホウロウ製の表示板が、軒先で見掛けることが出来たそうですが
今でも探せば、数は減ったものの、いくつかは見つけられるみたいだじょ

そんな鍛冶屋町にある小川家の裏庭からは、扉1枚で天孫神社に続いているんです。
だから、大切な御神体がある天孫神社の宝物蔵の鍵を、何かあった時の為に
このような袋に入れて、預かっておられるそうです
見学に見えた多くの人たちは、この狸面よりも、建物の素晴らしさに歓声を上げておられ
取り残された おてきちと狸の面とは、雨の宵宮を 2人?静かに見守っていましたよ・・・。

釣瓶落とし

  • 2012/10/05(金) 06:27:33

湖岸沿いを夕方に走っていると、小さなコウモリがいっぱい飛んでいる
それらがコウモリだと聞いた時は、正直言って信じられなかったけど。。。
だけど、これだけ毎日、飛んでいる姿を目にすると
あのバットマンの持つような、ウィングエッジの羽があるのも 確認できるようになって
さすがに、あの小さな耳の形までは死体?でも見ない限りは分からないでしょう



今だと、夕闇に包まれる時刻は、5時45分頃には暗くなってますよね。
早くも10月に入って、数日が過ぎてしまっているので。。。
ちょっと寄り道をして 2013年の手帳を、本屋さんまで買いに行きました!!
それにしても、あまりの種類の多さにビックリ
気になるモノ全てをチェックして、それから価格を見比べてぇ〜

あれこれ悩んだ結果、選んだ手帳は、グレーのブック型で割りとしっかりとした
タイプで、渋めの大人モノを買ったんだじょ〜
たかが手帳を買うだけに、30分近くも選んでいたとは。。。
おてきちにしては、珍しく慎重?欲深い?優柔不断?
どちらにせよ、それだけ気に入ったタイプのモノが多かったという話ですけどネ

見張り番!!

  • 2012/10/04(木) 06:33:08

この6日(土)・7日(日)は、江戸時代に始まった天孫神社の祭礼で
湖国三大祭のひとつである 大津祭が行われます。
毎年、天候に恵まれるのは、13基ある曳山の中の西行桜狸山を
先頭にしているからだと、聞いておりますが。。。
宵宮と本祭の日は、おてきちはこのような井出達になってお手伝いを致します



江戸時代初め、鍛冶屋町 (狸山がある町内) の塩売治兵衛が狸の面をかぶって
踊ったのが始まりとされています。
そして、この狸の面を宵宮の日は、おてきちが見張り番をするお役目を与えて頂き
ある意味で緊張の長丁場となる訳ですが。。。
だけど、狸の面と一緒にいられるなんて、この上なく嬉しいし幸せだじょ・・・。



こんな、ちま吉グッズも支給されているので、どこに付けようか思案中・・・。
ここで お知らせです
宵宮と本祭の日のみ 【ちま吉センター】 にて限定販売されている 【ちまいぬストラップ】
ひとつひとつ 手作り品のため、微妙に顔が違うんですって!!
ということは、どれもこれもが、この世にひとつの名品って事だじょ
しかも、たったの15本のみの限定品みたいです。。。
詳しくはコチラをご覧下さいネ。
http://chimakichi.com/nc/

「ベイクド」 Or 「レア」

  • 2012/10/03(水) 06:24:58

どうしたことか、ケーキ作りにハマッテしまってるじょ
珍しすぎる、このマメな行動の後に待つ悲劇とは・・・。
深く考えるのは、ヤメにしておきましょうぞ!!
おてきちにとっては、単なる実験に過ぎない行為なのだから
まずは、いつものように大雑把な計量から始めまぁ〜す

        

生クリームは分量からすると、100ml しか使わないため半分残ったので。。。
朝から、ウィンナーコーヒーを飲んで気合いを入れるじょ
チーズを使ったレシピで、その名も 【レアチーズケーキ】 です
オーブンで焼くタイプのものではなく、ゼラチンを入れて冷やし固めるタイプのケーキ
おてきちは、何でもレアものがスキだじょ。。。

        

冷蔵庫で寝かせること3時間
わぉ〜!!形になってるじょ〜!!大成功です・・・。
混ぜて冷やすだけの簡単レアチーズは、コーヒーとも相性がいいですね
レモン果汁を、おてきちはレシピより少し多めに入れて スッキリな風味を
楽しもうと大雑把に作りすぎたせいか、ビスケットの台が今ひとつ失敗だったじょ