探し求めて三千里

  • 2012/01/26(木) 22:53:03

おてきちの向かう先には、天気が良ければ素晴らしき出遭いが
待っていてくれる筈なのです
ただ天気が悪ければ、その場所へ辿り着くことが困難のようなので。。。
今は、ただ運を天に任せるばかり・・・。



そんなことで暫く留守を致しますが。。。
楽しい土産話を、無事に持って帰って参りますので
多少のリスクは覚悟の上で、旅に出て命の洗濯をして参ります!!
どうぞ皆さまも、お元気でお過ごし下さいますよう。。。
遠い空の下にて祈っておりまする

ではでは、明日も素晴らしき1日をお過ごし下さいませ。
・・・・・。この締め括りは、そう言えばどこかの偉いさん?も
このような文句を手紙の最後に書いているって、ラジオで聴いたような・・・。
ま、そんな事より洗濯、洗濯っと
それでは行って来まぁ〜す
おっと!!帰宅は節分の頃には、戻って参りますのでヨロシク

文様

  • 2012/01/25(水) 19:17:11

気になっていた障子の張り替えを致しました
年末にしようと思っていたのですが、時間配分が悪かったせいで
予定が大幅にずれ込んで出来なかったので、何とか節分までには
新しく張り替えようと、美濃で買って来た和紙を張ってみました

これは玄関から、入ってすぐに見える高い位置にある障子なのですが
表面には格子がはまっているので、あまり和紙の文様は目立たないのが残念
それでも従来に使っていた障子紙に比べたら、レースのように透けている分
リビングが、かなり明るくなって大正解だったじょ



親友も興味ありありの様子で、頭が写っておりますが。。。
おっと!!これはロクチェックが入りましたよ〜
いかがでしょうかね?この和紙の文様は
それにしても、この演技力の抜群のタイミングは監督なしでも使えるじょ・・・。

そして肝心の玄関側から見た写真がなくってカタジケナイ
また天気のいい明るい時間帯に、撮影したいと思います。
明日の雪が少々心配ですが。。。
でも、障子ひとつ変えるだけで、新春っぽくなって気分も上々です

初地蔵

  • 2012/01/24(火) 21:45:02

今日は寒かったですねぇ〜・・・。
昼過ぎには雪も舞って来るし、積もるのでは!!と心配になり
スノータイヤでない、おてきちの車はこういう天気でさえも
危険極まりないのです

そして、本日は初地蔵の日
苦を代わって受ける身代わり地蔵信仰は、子供を守って救う子安地蔵信仰など
中世から民間に広まったそうですよ
地蔵菩薩の縁日は 『お地蔵様のご縁日』 といって毎月24日で
今日は、今年最初の縁日にあたるので、初地蔵と呼ぶそうだじょ・・・。
東京では、巣鴨のトゲ抜き地蔵が有名だそうですネ

        

この可愛い姿をした子供たちは、大原三千院の庭で楽しそうに
寝そべっておられた、お地蔵さまたちですが。。。
何とも愛らしい表情をしたお地蔵さまでしょ?
寒くなければ一緒に横へ寝そべりたいような、そんな雰囲気をもったお地蔵さま。
ちょっと手振れがあったようで、ピンボケっぽくなってしまっているのが残念

初観音、初弘法と終わり。。。初地蔵も終わりました・・・。
いよいよ次なるイベントは、節分祭ですよね!!
万全の態勢で張り切って行くんだじょ〜

かやぶき雪灯廊

  • 2012/01/23(月) 13:27:01

これは昨年の今頃に行った時の写真ですが、雪が積もっているのを想定しての
旅路だったのですが、天気は生憎の雨模様でどんよりとしていました。

今年で第8回目を迎えるという、美山かやぶきの里での人気イベントが
1月28日(土)〜2月4日(土)まで、行われているのですが。。。
それは雪灯篭の点灯と、かやぶき民家のライトアップが
行われているそうなんだじょ
しかも土曜日は、屋台による出店や打上げ花火もあったりするそうで
とっても楽しめる、かやぶきの里の冬の風物詩なのです!!
イベント案内の情報を添付しておきますネ。
http://www.kayabukinosato.com/

        

さすが保存地区だけあって、見事に整備された茅葺の集落 
全部で30棟ほどあるそうですね
懐かしい日本の風景が、目の前に広がっていました・・・。

        

中には見学用としての建物もあって、その中はこんな感じの暮らしの風景が
ほのぼのとした生活感を、静かに温かく醸し出しておりましたね・・・。

        

また建物の2階の茅葺屋根の様子まで、こうして見学出来るようになっていて
見た目には細めの柱ですが、骨組みはしっかりとしているようで
かまどの煙で燻された柱と、それに巻かれている縄の巻き方も美しく
調和のとれた建築美に感心致しますねぇ〜・・・。

1階には囲炉裏があって、その上にぶら提げてあった初めて目にする栗の数珠
のような首飾りを発見して
コレって、もしかしてハワイのレイを真似ているのだろうか???
こういう面白いモノを発見すると、なぜか興奮スイッチが勝手にОNになり
急に落ち着きを失くす大人気ないおてきち

        

茅葺屋根の表面には、こんなにもゴージャスな苔の衣がハビコッテいましたよ
ふかふか度100%って感じで、こんなにも肉厚な苔を家の庭にも少し
持って帰りたかったじょ〜!!
今年は、予定があってこのイベントの期間中に行けないのが残念・・・。
ちょっと足を延ばせば、こんなに身近に心癒される日本の風景がある。
日本に生まれて良かったじょ

壱萬躰大黒天

  • 2012/01/22(日) 21:45:48

「めざせ大黒天1万体」
彦根市古沢町の大洞弁財天 (長寿院) で、江戸時代には壱萬躰大黒天と
いわれていながらも、明治以降に持ち帰られたりして2300体ほどになった寺を
元の姿に戻そうと、ご住職が復活を目指されて今年で6年が過ぎ
この間に、約1000体近い大黒天が奉納されたそうです
とにかく何と言っても目標は1万体!!

大洞弁財天は1695年、彦根藩の第4代城主であった井伊直興公が
彦根城の鬼門よけと領内の安泰、近江代々の古城主の霊を弔うために
建立されたそうです。
高さ約10cmの小さな大黒天が、1万体も楼門と経蔵に据えられ
七福神の大黒様の姿をしているらしく。。。
それは何と戦国時代の佐和山城主であった、石田三成が造らせたという
松原内湖の百間橋の改築の際の廃材で作ったと伝えられているんだじょ

明治になってからは、井伊家が彦根を去ってしまうと無住寺となり
大黒天を持ち帰って満願後に戻すという地元の習慣もあってか
1974年頃には、残っていた大黒天はわずか2300体だったそうなんですね
だからご住職は、創建当時の姿に戻そうと信者らに奉納を呼びかけ
現在もコツコツと大黒天集めに、励まれているそうなんです・・・。
なので、おてきちもお気に入りで手に入れた、この大黒さまを
こちらの大洞弁財天へ奉納しようかなと只今思案中なんだじょ
ダイスをカッコよく振って、シロクの丁が出たら寄贈するぞぉ〜!!

創作自慢カレー

  • 2012/01/21(土) 21:54:01

珍しく自慢できるくらいに、人に食べて貰いたいと思う我が家のカレー
ちなみに創作カレーのシェフは、おてきちではなく母上なのです
試行錯誤を重ねた結果、おてきちも大満足のカレーが完成して
人が見えた時には、決まって我が家ではこのカレーが登場するのです!!

作っているのを見た訳ではないのですが。。。
本人談によりますと、トマトにナスビは絶対に入れるそうで
あとは、その時の気分でしめじが入ったりするそうです
とにかく玉ねぎは、たっぷりと使って始めにしっかりと甘みを出すために
炒めておくのがポイントだそうだじょ
ちなみに、油はあまり使わないのがコツだそうですね。

おてきちは、ウンチク話を聞くよりも美味しく食べる方が先決タイプなので
とにかくスプーンの手が止まることなく、最後のひとくちまで無言で
ただ夢中に食べてしまうほどの、創作自慢カレーなのです



カレーは各家庭で味が色々違って、ある意味、個性が強いメニューですよね。
学生時代の思い出が多かったりするのもカレーだし。。。
連続何週間とかって記録を出せたりするのもカレーならではでしょう!!
一時、スープカレーにハマッた事があり、辛いのが苦手なおてきちなのですが
水を終始飲みながらも、スープカレーのあの大人の味が癖になっていましたね。

それでカレーって、2日目がまた絶妙に美味しいんですよねぇ〜
パンを浸けて食べるのがスキな、おてきちは3食カレーでもOK派!!
だけど、下手するとカレー臭?がするとヤバイので、程ほどに致しやんす

ポップコーン

  • 2012/01/20(金) 20:06:33

やっとのことで、以前に手に入れたポップコーンマシーンを
使うことが出来ましたよ
どうしてもこのマシーンが欲しかった理由は。。。
お正月休みにレンタルビデオを観ながら、熱々で作りたてのキャラメル味の
ポップコーンを、好きなだけ食べるために買ったのです!!
ちなみに観る映画は、もちろん西部劇だじょ

          

そして、買ってきたトウモロコシの実をこの中央部分へ投入して
後ろにあるスイッチをONにすれば、3分もしない内に出てくるはず・・・。

        

おっ!!
いい香りがして参りましたよぉ〜!!
溢れんばかりに、次から次へと飛び出してくるポップコ〜ン
うぅ〜ん、コレコレ!!これですよぉ〜
なかなか初めて使ったにしちゃ上出来ざんす・・・。
トウモロコシの実は、ほんの少ししか入れなかったのですが
それでも充分な量が作れるんだってことを学んだじょ

        

こたつに潜っていた仲間が、ポンポンうるさい音に怪訝そうな顔つきで
姿を現したロク・・・。
カメラのバッテリーが、いいところで切れたので交換していたら。。。
ありゃ
ちょっとポップコーンの様子が。。。
おてきちの気のせいかい?
って、あなたのそのいつもの事ながら、素晴らしい演技力には
このおてきちだって、どう転んでも絶対に勝てませんから