秋出水

  • 2012/09/30(日) 23:00:31

避難準備をしておくようにと、家の近所をパトロールの車が
アナウンスしながら走っていたそうですが。。。
おてきちは、仕事帰りに ちょっとばかし寄り道をしていた所
地元にある大戸川の氾濫の心配から、避難準備情報の発令が出されたことが
ニュースで流れたらしく、それを見ていた仲間の方たちから
ご心配を頂きまして、心より感謝を申し上げまする

だけど、おてきちは、こんな時だって我が道をゆく!!
それは今夜が、うるう年の中秋の名月だからです
何が何でも、室内でだって祝ってやるんだじょ〜!!

        

こんな感じでどうでしょうかね
外は嵐でも、二宮くんは来てませんよぉ〜!!(失敬・・・)
お月様に見立てた、黄色いお皿の上に鎮座している和菓子は。。。
風流をたしなまれた殿様、松江藩七代目の城主、松平治郷公が春のお茶会に
好んで用いられた 【若草】 という鮮やかな色彩のお菓子です。

             

この和菓子、初めて食べたのですが。。。
もう本当に ひとくち食べたら、ほっぺがとろけそうな程、モチモチした食感と甘さが
悪魔のように、おてきちを虜にして離さないんだじょ〜
この味を知らずして、三途の川は渡れないって話ですね
そんな今宵は、頂いた上物の和菓子とともに 見えないツキでも吞んで寝るとするか

安土のコスモス

  • 2012/09/29(土) 10:33:35

10月中旬頃には、安土考古博物館の前に、コスモス畑が広がるそうですね・・・。
そんなブラボー!!と叫びたくなるような風景が待ち遠しいじょ
写真展などで、寺とコスモスといった日本の秋の風景を目に致しますが。。。
戦国時代にも、コスモスって咲いていたのでしょうかね



コスモスの種類を、調べてみたら色々あるんですね〜!!驚きです
その中でも 【ピコティ】 という種類のコスモスの色彩が 気に入ったじょ・・・。
日の丸や丁字咲き、サイケといった種類も、名前からして個性的でステキ
安土に咲き乱れるコスモスの中には、珍しい種類のモノってあるのかなぁ



まだまだ、この陽射しでは日傘は手放せませんが。。。
もうすぐ始まる秋季特別展は、何があっても見逃しては後悔致しますぞ
信長が信玄を恐れ、気を使ったという話は有名でも、信玄が信長に気を使って
お手紙を書いていたという話は、あまり知られてないとか。。。
真実は時代の中に眠ってますけどね!!



開館20周年記念・平成24年度秋季特別展

【信長×信玄 戦国のうねりの中で】

会期 10月6日(土)〜11月11日(日)

一栄一落

  • 2012/09/28(金) 20:56:44

季節の移り変わりを、夕暮れ時の空の色で感じながら
冷たい空気に、ほんのり光る街の灯りを眺めていると
空から舞い散るように、静かに舗道に落ちた落葉を見て
ふと思ったのが、この四文字熟語
いつの間にか、季節は秋に変わっている・・・。



今日の帰り道、湖岸を走っていたら、あまりに大きなお月様と三上山との
コラボがステキだったので、車を駐車場に止めてパシャ
なぜか月を見ると 平山郁夫画伯の絵画を思い出すのです
きっとそれは、おてきちの中で 「月といえば、砂漠にラクダ!!」
そのイメージが強く、間違いなく サブリミナル効果でもって洗脳されたのだろう。。。

明後日 9月30日が、中秋の名月のようですね
今年は、格別な和菓子が手に入ったので、不昧公好みでも味わいながら
お月見と シャレ込みましょうかねぇ〜
ちょっと心配なのは、招かざる客人17号のご予定ですわ・・・。
とにかく食べるまでは、何が何でも、お月見のジャマはさせないんだじょ〜

防災行政無線

  • 2012/09/25(火) 20:53:12

ここ1週間ほど、毎朝、車で聴いている曲があって
おてきちは、初めて聴く音楽なのですが、実は貸して頂いたCDなんです
結構、同じ曲ばかりを聴いてしまうので、貸して貰えたりすると すこぶるラッキー!!
その中で、聴いた事のある旋律が流れてきたので タイトルを見たら
それは 【Greensleeves】 グリーンスリーブス というイングランドの民謡でした。



すごく懐かしいメロディのように感じながらも、イメージとしてはライ麦畑の
広がる草原が、脳裏に浮かんで来るのは 映画などで観た光景なのだろうか?
【The Brothers Four】 ワシントン州シアトルで結成された
フォークソングのグループなんですね
すごく穏やかな気分で、秋の琵琶湖を眺めながら聴く 贅沢な朝の音楽タイム・・・。

日本では、日常の暮らしの中で早朝からこんな感じに Greensleeves が流れている
場所もあるようですよ
そういえば過去に、何かの CM にも使われていなかったかなぁ〜・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=H9A0ZoQ82g8

フルーツモリモリ

  • 2012/09/24(月) 21:59:43

ぶどう狩りに行って来たのでと、お土産に甘いぶどうを頂いたので
お礼に、おてきちでも簡単に出来るタルトを、張り切って作ってみました
久しぶりに モチベーションを上げての菓子作り。。。



まずは、サクサクっとタルトの生地を焼いて。。。
とにかく冷ましてから、その上に好きな果物を乗っけます!!
まずは、コテコテ化粧をする前の、初々しい?素肌のままの姿で登場だじょ



じゃじゃ〜ん
無事に盛り付け完了です・・・。
失敗が元で広まったらしい タルト・タタンや、キッシュのような野菜のタルトなど
季節のものを使って家庭で作れば、その家 (地域) ならではの味が生まれて
そんな身近な食事こそが、郷土料理の始まりなんでしょうかね
全国の郷土料理百選意外と知らない料理が多いので 新発見出来るカモ〜
http://www.jiji.com/jc/v?p=local-dishes

湖東流紋岩

  • 2012/09/23(日) 23:24:25

滋賀県の穴場スポットを発見致しました
エドヒガンの一種で、樹齢が約300年ある天然記念物の枝垂れ桜 【道誉桜】 に
京都以上に見応えのありそうな、小堀遠州の作とも言われている池泉回遊式庭園が
想像もしなかった場所にありましたよ・・・。
この両方を見るためには、春と秋の年に2度このお寺へ来る事になりそうだじょ 

        

京極家の菩提寺である清瀧寺 徳源院は、中山道の柏原宿から少し山手に入った所で
昔は ここに柏原城があったようですね。
鎌倉時代中期に、近江の守護職であった佐々木氏が、六角氏、京極氏、高島氏、大原氏に
分かれて本家に当たる六角氏は、信長公に滅ぼされてしまったけれど。。。
だけど、その後も 京極氏は江戸時代まで、大名としてお役目を果たされたそうだじょ。

        

ある意味、運が強いのでしょう・・・。
きっとその理由は、この地へ来れば分かるだろうそう思って米原まで来ました。
階段を上ってすぐ左手には、久しぶりに存在感のある三重の塔との出合いがあり
その中におられるご本尊が、パンフレットで見ただけですが 最高に素晴らしい・・・。
御開帳があれば、是非、近くでその空気を吸いたいじょ〜

        

そして、庭園は想像以上に心躍るような、嫌味のない全ての配置に興奮しました。
もみじの他に楓の本数も多く、紅葉した時の景色を想像するだけでも楽しくなる
庭を眺めながらの一服のお茶。。。
まるで庭師にでもなった気分だじょ〜!!
今年の紅葉は、きっと期待を裏切らない京極家の彩りを見せてくれることでしょう

        

ここへ来て、この風景を撮ろうか、撮らぬべきか、と随分悩みましたが。。。
戦場カメラマンじゃなく、現場カメラマンおてきちと致しましては、悩んだら撮る!!
何より後悔を持ち帰りたくないので、そう決めているんだじょ
衰微していた京極家の勢力を、立て直し中興の祖と崇められている大津城主であった
お初の旦那さんの 19代・高次氏のお墓は、それは立派な石廟に入っていて。。。
それが物語るように、京極家の系図の重みは、まさに石の重みと同じ?って意味だじょ

        

右端から数えて4番目にあるのが、あのバサラ大名で名を馳せた高氏のお墓です。
派手に人生を生きた割りには、高次よりも地味な墓だじょ・・・。
また22代・高豊氏は、寺の復興を願って近隣に散在していた歴代の宝篋印塔を
ここに集めて、順序を正して整備したものが現在に伝えられている
京極家の墓所だそうですね・・・。
大切にするべきことをしてきたからこそ、家系が栄えた証なのでしょう。

そして、この日の手土産品は、金運の兆しあり!!の1匹モノですね
それから寺院の中で、過去ベスト3に入るほどに 背筋が凍るような人物?
との出遭いがありました
夜、1人で見る場合は、その前に必ずWCへ行ってからにした方がいいですよ・・・。
詳しくはこちらをどうぞ。

http://shiga-bunkazai.jp/%E6%96%B0%E8%BF%91%E6%B1%9F%E5%90%8D%E6%89%80%E5%9C%96%E4%BC%9A%E3%80%80%E7%AC%AC109%E5%9B%9E/

日輪草

  • 2012/09/22(土) 21:30:58

ひまわりと聴いて、連想する言葉は 「ソフィア・ローレン」
すでにレンタルで過去に3回以上は、この映画を借りているのに
今夜こそ、絶対に最後まで見てやるじょ〜
部屋を暗くして、お菓子とドリンクをセットして、これで準備OK!!
でも。。。音楽が流れ出した途端に
おてきち、この映画を最後まで完全制覇することが未だに出来ないんだじょ〜 

        

今朝、近江八幡市内を走っていたら、季節を間違えたかのように咲き誇る
ひまわり畑が目に付いたので、思わず車を止めて撮影タ〜イム
背後から撮ったのは、逆光だったので太陽の反射でハレーションを起こしていますが
正面へ回って撮ったひまわりは、こんなにも元気いっぱいで姿勢がいいです!!
後ろに見えるのは、安土城が落城してから 3年後に、豊臣秀次が築いた八幡山城が
あったところで、今はロープウェイで八幡山の山頂まで行けて、眺めもいいですよ

              

だけど、どうして今頃ひまわりなんでしょうかね?
コスモスなら分かるんだけど。。。
でも、9月のひまわりって何かステキだじょ〜
おてきちも、お彼岸参りへ忘れずに行かなくっちゃ!!
リンドウに秋明菊、コスモスに。。。吾亦紅は まだ咲いてないよなぁ〜。